写真家・尾崎大輔のblog


by daisukeozaki
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

昨年読んだ本の中でベスト1 「殺人犯はそこにいる 隠蔽された北関東連続幼女誘拐殺人事件」(清水潔・著)

昨年読んだ本の中でベスト1
「殺人犯はそこにいる 隠蔽された北関東連続幼女誘拐殺人事件」 (清水潔・著)(写真の左側)

桶川のストーカー殺人事件で警察や大手メディアより先に犯人を見つけ出し、さらには警察の不祥事を暴き出し、今のストーカー規制法成立のきっかけを作り出した記者の新刊。

北関東一体で起った5件の幼女誘拐事件。その中の初めの4件は既に遺体となって見つかっており、最後の1件は未だ行方不明。
県をまたいでいるため、今まで連続事件だと思われていなかったが、この事件を著者は連続誘拐事件だと考え、取材をし始める。
ただ、3件目の誘拐殺人事件は既に犯人は捕まっており、証拠としては犯人とDNAが一致しているという。著者はこの3件目が冤罪ではないかと考え、杜撰なDNA型鑑定を覆し、犯人として捕まっていた菅家さんを釈放へと導く。
これが「足利事件」であり、これだけでも十分すごいことなのだが、著者はさらにそこから取材を進め、真犯人とおぼしき人物を特定する。
そして、真犯人のDNAと殺人犯のDNAが一致するところまで調べ上げる。

しかし、未だにこの真犯人と思われる人物に対して、警察は動いていない。
それはなぜなのか?そこには国家制度を揺るがせかねない裏のお家事情が見え隠れする。

問題点をいえば、最後の方の「飯塚事件」の記述が弱いという点。
ネットで調べて分かったが、DNA型鑑定以外にも色々と「飯塚事件」に関しては証拠も上がっているため、「足利事件」と同様には扱えないと思う。

ただそれを考慮に入れても、真犯人と思しき人物をそのまま自由にさせておく理由には全くならない。警察がそのまま闇に埋めかねない事件の一つ。
一人でも多くの人に読んでもらいたい、お勧めの一冊!!


ちなみに同じ著者の「桶川ストーカー殺人事件−遺言」(新潮文庫)も記者の教科書のように言われている本なので、すごくお勧めです。文庫版のあとがきの後に、被害者の父親の文章も載っているので、文庫版の方がお勧めです!!(写真の右側)

この著者はもとFOCUSのカメラマンで、「桶川・・・」の方でヤクザ200人にすごまれた話も載っていたが、ある取材の時に数人だけだが私もすごまれた経験があるので、その怖さに何となく親近感が湧いてしまった。

d0170694_13081215.jpg

[PR]
by daisukeozaki | 2014-01-15 13:09 | Comments(0)