写真家・尾崎大輔のblog


by daisukeozaki
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

<   2012年 06月 ( 6 )   > この月の画像一覧

展覧会に来てくれたポレポレで働く友人に勧められ、金曜日で終わりという事もあり、今日鑑賞。
明日が最終日です。

児童養護施設のドキュメンタリー映画。
観る人によって色んな見方が出来ると思います。私は自分自身が週に数回、障害者福祉施設にいるということと、カメラマンであるという事実があるので、その二つの視点が行ったり来たりしながら映画を鑑賞しました。

この施設では職員さんが子供たちと一緒に寝食を共にしている。
一番強く感じたのは児童養護施設の職員さんの児童との距離間って本当に難しいし、大変だなぁということ。職員さんは母親、父親と同じように愛情をそそいではいるが、子供たちは職員さんの子供ではなく、彼ら、彼女らの母親、父親にはなれない。場合によっては年度の変わる時にその子供の‘担当者’が変わってしまうのである。
説明的な部分がほとんどない映画の為、推測にすぎないが虐待を受けていた母親のところに自分の愛情を注いでいる児童を送り届けないといけない職員さんの複雑な感情は想像を絶する。(私は映画内で出てきたお母さんにやけどのかさぶたを見せるというところから虐待をうけていたんだろうなと推測しました。)
映画の中で語る「ずっと一緒にいようね」というその言葉は本当に色んな意味の詰まった言葉であろう。

カメラマンの視点としては説明的な要素をかなり排除したのはすごく良かったと私は思う。逆にどのようにして児童がこの施設に来たか知ると先入観が先行して映画を見てしまうように思う。
ひとつ難を言うとすると、この映画を8年かけて製作したようだが、その時間軸が全く見れなかった。もう少しどのように児童が成長していくのかその過程を見たかった。

ただ、良作であることは間違いないと思います。

ポートレートの写真を撮る場合、私も施設にいってかなりの時間を一緒に共有し、撮影にのぞんでいるので、被写体との関わり方や色んな部分で考えさせられた映画でした。
[PR]
by daisukeozaki | 2012-06-28 22:05 | 映画 | Comments(0)

みどりの風展

私が普段一緒にいるメンバーさん達の展覧会です。
いい作品もたくさんあるので、興味がある人は是非是非、観に来てみて下さい。
月曜日と金曜日は私もスタッフとしています。

d0170694_21411772.jpg


みどりの風展11
2012年7月3日(火)-7月14日(土)
10:30-18:00 (土曜日12:00-17:00) 日曜休み


ギャラリーかれん
222-0037 横浜市港北区大倉山1-11-4
℡045-543-3577
artkaren@muse.ocn.ne.jp

東急東横線大倉山駅下車、徒歩2分。
改札を出て商店街沿い左方向、横浜銀行先。

参加者: 磯部涼 太田弘 大場かずみ 金井清香 川戸由紀 品川太成 成富幸 飛岡悠太 牧島美帆 水島亜美 百田佳恵 大島秀一 青木芳江 井桁由美子 田辺綾子 長岡彩 荒井麻理子 木村庄兵 工藤未来 佐々木貴子 杉山直子 鈴木孝一 竹植耕平 寺田美奈 樋口まみ 渕上さおり 八城勢津子 栁まどか 大久保潤 橋本知佳枝 

主催=社会福祉法人かれん 生活介護事業所アート・メープルかれん
[PR]
by daisukeozaki | 2012-06-22 21:41 | Comments(0)
大飯原発の再稼働が決まった。
マスコミで日々語られているのは停止した状態の場合、電気の供給量が少なく大変な事になるということ、それに伴って経済が大打撃を受けることである。
この論点の立て方においては、経済と倫理・道徳を全く同じ土俵で扱っていることになる。結局は電気を得ることに命をかけたわけである。

人間の根源悪は真理よりも幸福を優先する事であると言ったのは、カントである。どんなに正しいと分かっていても我々は自身の幸福を優先してしまうのである。
どんなに原発を再稼働するのが良くないと分かっていても、再開により自分自身が仕事を得られる、また自分自身の工場に安定した電気が送られる事によって首を切られる事はないといった場合、再稼働を選択せざるおえなくなるのが人間である。
アウシュヴィッツ強制収容所に行った時にも同じ事を思ったのだが、約6000人のドイツ人がそこで人殺しという仕事をしていたわけである。もしこの人殺しの仕事を辞めてしまえば、家族が食えなくなるのである。強制収容所の周りは子供のブランコなどがある静かな団地みたいな町だったのはものすごく印象的であった。
全ての人間が正しい事を貫徹できるほど人間は強い存在でない。

真冬、たき火が原因で対岸の町が大火事となり、多くの人が川を渡って避難してきた。川の向うではまだ火が燃え続けている。ただ、こちらは真冬で雪もちらちらまっている。誰かが寒いのでたき火をしようといい、こちらでもたき火をやることになり、その火を囲んで人々は暖まりながら、対岸の火事の状況を見ている。
このような状況が福島と日本の現在の状況であるのではと思う。
ただ、人間はそこからでしか始められない。坂口安吾の「堕落論」のも書かれているが、人間は堕落するところからしか始まらず、そういう人間だからこそ、私は非常に興味を持つわけである。影をもたないものは同じく光もあたっていないため、写真には撮れないわけである。

しかし、人間は堕ちきるには弱すぎる存在である。
[PR]
by daisukeozaki | 2012-06-19 18:37 | Comments(0)

お金とは何か

撮影が19時からなので、かなりのんびりと読書中。
ブログもきちんとしたのを更新しないと思いつつ、面倒くさくなかなか更新してなかったので、今から頑張って本の紹介でもします。

以前に一度似たような事を書きましたけど、今、ヨーロッパの金融危機が騒がれているので、ちょっともっと広い意味でのお金に関する本を三冊紹介します。

ある坊さんと話をしていた時に、現代においては神の代わりに人間が信仰しているのはお金であると言っていた。
私達は1万円の価値があると信じて、福沢諭吉の印刷された紙幣を使い、広い意味での物物交換を行っている。しかし、それは言ってしまえば、ただの紙切れであり、共通認識として価値が付与されているという信仰のもとで成り立っている。
その信仰が崩れてしまった場合、世界は大混乱を生じさせるわけである。

人間自体は信仰をしないと日常生活が立ち行かない動物である。今日、電車が時間通りに動くと信じているので、ブログを書ける私がおり、何千人も死ぬような地震がこないと信じて今を過ごし、電車に乗れば、隣の人がいきなり包丁で刺してこないと信じ、日々無意識の中で当たり前のように信仰し、生活を行っている。
以前、精神病の強い外傷ストレスによって、上記のような当たり前のことを全く信頼出来なくなった離人症の症例の患者の話を聞いた事がある。

一番右の本、「ぼくはお金を使わずに生きることにした」(マーク・ボイル著)はイギリスの青年が一年間全くお金を使わずに生きてみる事を実践したドキュメンタリーの本です。この本を見ると、普段私達はどれだけお金を使って生活しているのかが如実に分かります。

真ん中の本は「悪貨」(島田雅彦著)偽札によって、日本の貨幣システムを転覆させようとする人とそれを阻止しようとする警察のエンタメ系の小説です。すごく読みやすく、お金に対する信頼がなくなるどうなるのかという事が端的に書いてあります。第二次世界大戦の時にナチスドイツがイギリスのポンドの偽造紙幣をねつ造した事件がありましたが、それに似ている感じです。このナチスドイツの事件は「ヒトラーの偽札」というタイトルだったと思いますが、映画にもなってます。

一番左は、「ヴェニスの商人の資本論」(岩井克人著)でこれが経済学的に貨幣とは何かを分かりやすく、深く書かれいる本です。今回の3冊の中では一番難しい本ですが、知的好奇心のある方にはお勧めの本です。
ヘーゲルが言ったように私達の中には他者と同一化したいという欲望と他者と差別化したいという欲望の相反する欲望二つが共存し合う存在です。それによって、他者と同じ商品を買って満足を覚え、マズローの欲求段階が達成されるように次に他者と違うものが欲しいという欲望が働き、無限にループする中でこの消費社会はなりたっているのである。
他にもマルクス経済学の基本的なところも分かると思うし、お勧めです。
個人的に他に「会社はこれからどうなるのか」も読んだのですが、「ヴェニスの商人の資本論」の方がお勧めです。

興味ある人は読んでみて下さい。


d0170694_1359375.jpg

[PR]
by daisukeozaki | 2012-06-14 13:59 | | Comments(0)

ホームペジ更新しました

HPに「ミルグラム」の写真数点を追加しました。展覧会に展示した写真も含まれています。
ご興味のある方はご覧下さい。

http://www.daisukeozaki.com/works/works5_1.html


d0170694_22514276.jpg

[PR]
by daisukeozaki | 2012-06-12 22:51 | Comments(0)
トークイベントの動画です。
過去の動画から見れます。
なんか全然作品の話をしてなくて、ホントすいません。あと、途中タジタジになってます。
もうちょっとうまくしゃべれるようになりたいっす。
慣れですけど。。。。

トークイベント
[PR]
by daisukeozaki | 2012-06-02 11:17 | Comments(0)