写真家・尾崎大輔のblog


by daisukeozaki
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

<   2012年 11月 ( 5 )   > この月の画像一覧

「千年の祈り」(著者/イーユン・リー)

すばらしい短編集。ここまでの良作が詰まっている短編集を読んだのは近年記憶にないぐらい。
中国独特の政治的力であったり、家庭環境であったり、何かしら圧倒的な見えない手によって運命を翻弄させられた人達が全ての作品に登場する。そして、それらの登場人物はみな弧度を背負っている。ただ、全てを悲観的に捉えすぎず、その中で生きていこうとする人間をきちんと描ききっている。何かしらチェーホフに通じる感じがする。
中国映画「スプリング・フィーバー」や私の大好きな映画監督、イ・チャンドン作品が好きな人は必読の一冊。

「演劇入門」、「わかりあえないことから コミュニケーション能力とは何か」
(著者/平田オリザ)

劇団「青年団」を主催する劇作家・平田オリザの著書。
想田監督の「演劇1」「演劇2」を見ているのでダブってくる部分があるが、それだけ言っている事が一貫しているようにも捉えれる。
著者は人間は演技をする動物であると言う。パーソナルの語源はペルソナなのだが、この意味には「人格」という意味と「仮面」という意味の両方を含む。ある霊長類学者がゴリラは、父親になった瞬間に、父親という役割を明らかに「演じている」という。しかし、そのゴリラも同時にいくつかの役割を演じ分ける事はできない。父親になった瞬間に、たしかにそれまでの個体とは違う人格を演じているのだが、そこでは前の役割は捨て去られる。
人間のみが、家族の前で、会社の仲間の前でなど、社会的役割を演じ分けられる。私の好きな精神科医の中井久夫が多重人格者はむしろ少数人格者ではないのかと言っていた。数えられるぐらいしか人格が分けられないからだと。
シェイクスピアも人生は演劇であるとも言っていた。
演劇論の方がよりもの作りをしている方にお勧めの本です!!

「いじめの構造 なぜ人が怪物になるのか」(著者/内藤朝雄)

第6章の新たな教育制度に関しては首を傾げてしまう箇所もあるが、その他の部分は多いに納得出来る。
学校というコミュニティが一つの世界となり、そこだけの著者が言う群生秩序が生まれる。この群生秩序が一般に考えられる倫理・道徳観よりも優先される為、いじめが横行し、歯止めが利かなくなってしまう。esという映画にもなったが、心理学の実験のスタンフォード監獄実験からも明らかな通り、作られた世界が外部から閉ざされた環境であればあるほど、簡単に人は怪物となってしまう。道端で人が殴られていれば、警察に通報するのが当たり前なのだが、学校ではそれがいじめとして扱われ、その群生秩序の中で解決を試みる。いじめのような状況は学校だけにとどまらず、会社でもあり、ユダヤ人大虐殺のホロコーストなど国家内でも起こりうる。
学校でのいじめの解決策として、著者は学校自体をもっと開かれた場にすること、問題が発生した場合、警察を呼ぶ事などをあげている。大学などは他に開かれている為にいじめは起きにくい。
その他にも加害者・被害者の心理状況など興味深い内容の本。一読の価値ありです。



d0170694_18332649.jpg

[PR]
by daisukeozaki | 2012-11-25 18:34 | | Comments(0)

グループ展のお知らせ

グループ展のお知らせ

ここ数年、毎年参加させてもらっているグループ展に今年も参加させてもらいます。障害のある方がものすごい絵を描いたり、音楽を作ったりという様子をテレビや本などで見た事があるかもしれません。そういった人の絵画・造形などの作品をアウトサイダーアートやアールブリュットと呼ぶのですが、そのような方達と現代アーティストが一緒に集う展覧会です。
私はアウシュヴィッツ強制収容所の写真を展示する予定です。
時間がありましたら、是非是非、皆様足をお運び下さい。

以下は展覧会の内容の詳細です。

「はじまりはアートの旅 アートかれん10周年」
2012年11月27(火)~12月8日(土) 日曜日休み
10:30~18:00 (土曜日12:00~18:00  最終日12:00~17:00)
会場:ギャラリーかれん 222-0037 横浜市港北区大倉山1-11-4 電話045-543-3577
レセプション・交流会: 12月1日(土) 16:00~18:00 場所:ギャラリーかれん

2002 年4月に開所したアートかれんは今年の春でまる10年を迎えました。毎年同じ時期にギャラリーで行う企画展ですが、今年は10周年展として、かれんで絵を 描く利用者さん31名と活動の中で出会った作家さん、そして今回初めてご一緒する作家さんなど50名、総勢81名によるグループ展となります。


参加作家:
青木芳江 浅野彌弦 朝広永子 荒井麻理子 飯田千晶 井桁由美子
石川順惠 いそべRYO 井上実 今村仁 岩熊力也 大川真実子
大久保あり 大久保潤 大島秀一 太田弘 大槻英世 大場かずみ
尾崎大輔 門田光雅 金井清香 川戸由紀 北川裕二 木村彩子
木村庄兵 木村真由美 工藤未来 久保理恵子 児玉靖枝 小林耕平
小林悠子 小林良一 近藤昌美 さかもとゆり 佐々木貴子 佐々木裕子
品川太成 下重佳世 新堂大介 進藤環 末永史尚 杉山直子
鈴木孝一 鈴木俊輔 鈴木繭子 曽谷朝絵 竹植耕平 田辺綾子
寺田美奈 天本健一 戸谷森 豊田淳子 長岡彩 中村一美 成富幸
橋本知佳枝 飛岡悠太 樋口まみ 彦坂敏昭 平丸陽子 廣澤仁
渕上さおり 古谷利裕 星野志津 牧島美帆 松宮硝子 丸山直文
三木愛奈 水島亜美 宮崎直孝 三好まあや 村林基 百田佳恵
森田浩彰 八城勢津子 栁まどか 山内崇嗣 山倉研志 山本祐子
百合草尚子 吉澤美香


d0170694_2035378.jpg

[PR]
by daisukeozaki | 2012-11-16 20:04 | Comments(0)
視覚障害者と一緒に楽しむ写真教室が9日の金曜日の18時頃からのNHK首都圏ネットワークで特集のひとつとして放送されます。特集といっても約5分の放送予定で、首都圏ネットワークのため、現段階では1都6県のみの放送予定です、反響があった場合、全国で放送されるらしいです。

ある視覚障害者から聞いたのですが、手術によりある一定期間、光を認識するようになったのですが、それにより初めて自分の影を見ることができるようになり、ずっとついてくる自分の影に恐怖しか感じなかったという話を聞きました。今回、視覚障害の方と影を撮影し、それを立体の凹凸にして触覚によってどういうものか感じてもらったり、遠近感の認識など色々と興味深い内容の撮影を行っている写真教室になっているかと思います。
前回の写真教室で私が先天的盲人の方にどのような夢を見るか質問をさせていただきました。私の予想はラジオのように音だけの夢かと思っていたのですが、その方の夢には必ずイメージしている映像がでてくると仰っていました。もちろん、ラジオのように音声だけの方もいましたが、この凹凸の写真を振れることによってまた新たな視覚障害者の世界が構築されていくと思うと非常に興味深いものだなと感じています。

現在、美術関係者の方で、絵を写真に撮って、凹凸の立体写真を作成し、視覚障害の方でも少しでも美術鑑賞ができるようにしていこうなどの試みもあります。その他にも色々と応用の効く技術だと思いますので、ご興味がある方や、こういうこともできるのではないかとアイデアをお持ちの方はお気軽にご連絡下さい。

おそらくほとんどの方がお仕事をされているかと思いますが、少しでも興味のある方は放送をご覧頂ければ幸いです。きちんと取り扱って頂いているならば、興味深い内容になっているかと思います。

何とぞ、宜しくお願い致します。


写真教室に参加された皆様、またご協力頂いている皆様

いつも大変お世話になっております。
ご存知の通り、ほぼ私個人が主催している写真教室で皆様の参加、また御協力のおかげで継続できている教室です。本当にいつもありがとうございます。
視覚障害者の方でなかなか外出しないという方も多い中、カメラで写真を撮るという口実をつけて、皆さんとどこかに行き、楽しい時間を過ごしていただけるのが一番だと考えています。
今後とも、何とぞ宜しくお願い致します。

*写真は視覚障害の方に凹凸の写真を触ってもらいながら説明している写真です。
d0170694_16261034.jpg

[PR]
by daisukeozaki | 2012-11-07 16:26 | Comments(2)
最終的な告知がぎりぎりになりそうなので、軽く今の段階で告知さしてもらいます。
視覚障害者の写真教室関係で今、NHKから取材をされています。
来週、最後の取材を受け、おそらく来週の木曜日か金曜日の18時から放送の首都圏ネットワークで5分から10分ぐらいで視覚障害者と写真という感じで放送される予定です。首都圏ネットワークなので、1都6県しか今のところ放送予定はないですが、反響があった場合、全国放送されるらしいです。
放送日が決定したら、ガッツリ広報させてもらいますが、きちんと扱われている場合、興味深い内容になっているかと思います。

d0170694_23115916.jpg

[PR]
by daisukeozaki | 2012-11-02 23:12 | Comments(8)
5時間42分、観る価値はあると思う。

青年団の劇はこの映画にも出てくる「ヤルタ会談」など、いくつか観ている。舞台自体も面白いのはいうまでもない。

とりあえず、やはり平田オリザが興味深い人間である。
そのおかげでかなり成立している映画。
平田オリザの作る演劇は観客にとってはものすごくリアルであるため、その舞台の上での世界を共有しやすい。しかし、舞台の上では平田オリザの徹底した演出のもと、役者のアドリブなどの演出は全く入り込む余地はない。平田は人間は演技をする生き物とシェイクスピアのように語るが、これだけ完璧なまでにコントロールされた世界を私達がリアル・自然と感じるということはそれだけ私達は社会によってコントロールされているのかもしれない。平田がロボットによる演劇に興味を持つのも無理は無い。

いくつか平田オリザの本を購入してしまった。。。
[PR]
by daisukeozaki | 2012-11-01 20:28 | 映画 | Comments(0)