人気ブログランキング | 話題のタグを見る

写真家・尾崎大輔のblog


by daisukeozaki
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

今後の視覚障害者との写真教室の予定、または視覚障害者と写真に関しての活動の情報は下記の通りです。
ご質問、不明点などありましたら、お気軽にinfo@daisukeozaki.comにご連絡下さい。

先日、newsゼロで取り上げられた視覚障害者と一緒に楽しむ写真教室の様子がyoutubeでご覧いただけます。



現状、私の方で依頼を受け、作成している凹凸は下記の二つの凹凸の種類があります。

白黒の凹凸の立体写真となります。機材なども私の手元にあるため、1枚2000円(消費税、銀行振込手数料、郵送料別)で受けています。
下記が元の写真と立体にした時の写真です。

新しい情報 (作品の発表・視覚障害者と一緒に楽しむ写真教室のご案内、動画制作・オンライン配信代行サービスなどです。普段のブログは次から書いてます)_d0170694_11230972.jpg

新しい情報 (作品の発表・視覚障害者と一緒に楽しむ写真教室のご案内、動画制作・オンライン配信代行サービスなどです。普段のブログは次から書いてます)_d0170694_11232296.jpg


2
私と別の業者さんと連携して作成しているカラー写真の上に特殊な加工で凹凸を付け加えるような立体写真となります。
手間などもかかってしまうため、1枚15000円(消費税、銀行振込手数料、郵送代別)で受けています。
またこのカラーの凹凸に関しては、値段もどうしても少し高くなってしまうため、家族の写真を見てみたい、結婚式を挙げたので、目の見えない両親にウェディングドレス姿を触ってもらいたい、孫の七五三を凹凸にして触ってみたいなど額装して家に飾理、晴眼者と共にコミュニケーションを取りながら鑑賞することが前提になる写真が向いていると思います。
下記が実際の写真から凹凸にした写真となります。

新しい情報 (作品の発表・視覚障害者と一緒に楽しむ写真教室のご案内、動画制作・オンライン配信代行サービスなどです。普段のブログは次から書いてます)_d0170694_11283422.jpg
新しい情報 (作品の発表・視覚障害者と一緒に楽しむ写真教室のご案内、動画制作・オンライン配信代行サービスなどです。普段のブログは次から書いてます)_d0170694_11290865.jpg
新しい情報 (作品の発表・視覚障害者と一緒に楽しむ写真教室のご案内、動画制作・オンライン配信代行サービスなどです。普段のブログは次から書いてます)_d0170694_11293796.jpg
新しい情報 (作品の発表・視覚障害者と一緒に楽しむ写真教室のご案内、動画制作・オンライン配信代行サービスなどです。普段のブログは次から書いてます)_d0170694_11303775.jpg
新しい情報 (作品の発表・視覚障害者と一緒に楽しむ写真教室のご案内、動画制作・オンライン配信代行サービスなどです。普段のブログは次から書いてます)_d0170694_11295989.jpg
新しい情報 (作品の発表・視覚障害者と一緒に楽しむ写真教室のご案内、動画制作・オンライン配信代行サービスなどです。普段のブログは次から書いてます)_d0170694_11301153.jpg
ご依頼いただいた場合は写真を実際に見た後、相談をしてどの凹凸が適切なのかなどを決めていく形になります。
その他不明点など何かありましたら、お気軽にinfo@daisukeozaki.comにご連絡下さい。


また、視覚障害者のための写真webサイトをfacebookにて立ち上げました。
https://www.facebook.com/photographyforthelight


視覚障害者と写真に関することを中心にしたyoutubeチャンネルを作りました。
興味のある方は是非見てみて下さい。


また仕事の写真の一部をポートフォリオにしてyoutubeにUPしてあります。
ご興味ある方はご覧ください。

https://www.youtube.com/watch?v=L4eL4_Yl730&feature=youtu.be



今後のイベント


今後のイベントが決まり次第、こちらに掲載させて頂きます。


終了したイベント

20回 視覚障害者と一緒に楽しむ写真教室

視覚障害者と一緒に楽しむ写真教室ですが、可能な限り感染予防対策を行いながら、11月にJR京浜東北線の王子駅近郊で開催させていただくことになりました。

今回は少し違った形ですが、ご興味・ご関心のある方は是非ご参加下さい。またそういった方をご存知の方はご紹介いただければ幸いです。

いままでと少し違う点ですが、凹凸の立体コピーは複数の人が触って楽しむということもあり、写真教室当日は作成しない予定です。また区の施設を借りるため、参加人数の制限、会議室内での飲食はできないため、各自昼食を取ってもらいます。

凹凸の代わりにあらかじめ、視覚障害者の方、また晴眼者の参加者は、自分の印象に残っている写真や思い出の写真、記憶に関して写真をあらかじめメールでお送りいただき、当日凹凸にして差し上げようと考えています。また当日はその写真をパソコンに写しつつ、お話をしていただきます。後日、了承を得た方に関してオンライン展覧会に使用させてもらう予定で考えています。その後、同じような形で撮影した写真の講評、説明などを行なってもらいます。

写真教室当日に撮影した写真は後日凹凸にして郵送させて頂きます。

下記が詳細となりますので、何卒、よろしくお願い致します。

20回 視覚障害者と一緒に楽しむ写真教室

御好評頂いている視覚障害者と一緒に楽しむ写真教室を11月に開催致します。視覚障害者 の方だけではなく、様々な方に参加していただきたいので一般の方も参加頂ける写真教室となっています。

健常者の方はアイマスクを着用し、仮想視覚障害者を 体験してもらいながら写真撮影などを行ってもらう予定です。(アイマスクはこちらから洗濯したものをお貸し出し致しますが、抵抗のある方はアイマスクや手拭いなどをご持参下さい。)

また、視覚障害者の方で触ることの出来る凹凸の立体写真にしてほしいという写真がありましたら、あらかじめメールなどでお送りいただき、写真教室当日に凹凸の立体写真にお渡しすることもやらせて頂きます。(1枚目無料、2枚目以降追加料金500円)世の中を様々な視点で 見ることがどれだけ興味深いことか体験できる1日になることを期待しています。参加者には当日撮影した写真の数枚を凹凸の立体写真にして差し上げます。ご 興味などございましたら、お気軽にご連絡下さい。

日時:1123日(火・祝日) 10:0016:00 (雨天決行)
集合場所:JR京浜東北線、王子駅改札(北口)(エスカレーターのある一番大きな改札口、エスカレーターは改札の端にあります。)前に945集合。王子駅周辺(飛鳥山公園など)にて撮影後、講評会。
参加定員:最大20名(介助者の方は参加費不要ですが、感染予防の観点から会議室に入れる人数が限られています。つきまして、介助者も含めて最大20名とさせて頂きます。)
参加費:2000円(交通費、昼食代などは個人でご負担をお願い致します。介助者の方の参加費は無料です。)
募集締め切り:1120
講師:尾崎大輔(http://www.daisukeozaki.com/)

追記:マスクはご持参下さい。カメラは各自ご持参下さい。お持ちでない方はニコンのカメラを10台まではお貸し出来ますので、その有無をお教え下さい。お申し込みの際、必ず介助者の方が同伴するかもお教え下さい。いらっしゃらない場合は可能な限りこちらで手配致します。健常者の方はよろしければ、視覚障害者の仮想体験をしてもらうので二人のペアで参加していただければ幸いです。一人の場合は当日、どなたかとペアになって頂きます。
申込先:080-6507-7746(尾崎携帯) もしくは info@daisukeozaki.com


普段のブログは次から書いてます↓

# by daisukeozaki | 2022-12-31 10:32 | Comments(0)

こんにちは。

視覚障害者と一緒に楽しむ写真教室ですが、可能な限り感染予防対策を行いながら、11月にJR京浜東北線の王子駅近郊で開催させていただくことになりました。

今回は少し違った形ですが、ご興味・ご関心のある方は是非ご参加下さい。またそういった方をご存知の方はご紹介いただければ幸いです。

いままでと少し違う点ですが、凹凸の立体コピーは複数の人が触って楽しむということもあり、写真教室当日は作成しない予定です。また区の施設を借りるため、参加人数の制限、会議室内での飲食はできないため、各自昼食を取ってもらいます。

凹凸の代わりにあらかじめ、視覚障害者の方、また晴眼者の参加者は、自分の印象に残っている写真や思い出の写真、記憶に関して写真をあらかじめメールでお送りいただき、当日凹凸にして差し上げようと考えています。また当日はその写真をパソコンに写しつつ、お話をしていただきます。後日、了承を得た方に関してオンライン展覧会に使用させてもらう予定で考えています。その後、同じような形で撮影した写真の講評、説明などを行なってもらいます。

写真教室当日に撮影した写真は後日凹凸にして郵送させて頂きます。

下記が詳細となりますので、何卒、よろしくお願い致します。

20回 視覚障害者と一緒に楽しむ写真教室

御好評頂いている視覚障害者と一緒に楽しむ写真教室を11月に開催致します。視覚障害者 の方だけではなく、様々な方に参加していただきたいので一般の方も参加頂ける写真教室となっています。

健常者の方はアイマスクを着用し、仮想視覚障害者を 体験してもらいながら写真撮影などを行ってもらう予定です。(アイマスクはこちらから洗濯したものをお貸し出し致しますが、抵抗のある方はアイマスクや手拭いなどをご持参下さい。)

また、視覚障害者の方で触ることの出来る凹凸の立体写真にしてほしいという写真がありましたら、あらかじめメールなどでお送りいただき、写真教室当日に凹凸の立体写真にお渡しすることもやらせて頂きます。(1枚目無料、2枚目以降追加料金500円)世の中を様々な視点で 見ることがどれだけ興味深いことか体験できる1日になることを期待しています。参加者には当日撮影した写真の数枚を凹凸の立体写真にして差し上げます。ご 興味などございましたら、お気軽にご連絡下さい。

日時:1123日(火・祝日) 10:0016:00 (雨天決行)
集合場所:JR京浜東北線、王子駅改札(北口)(エスカレーターのある一番大きな改札口、エスカレーターは改札の端にあります。)前に945集合。王子駅周辺(飛鳥山公園など)にて撮影後、講評会。
参加定員:最大20名(介助者の方は参加費不要ですが、感染予防の観点から会議室に入れる人数が限られています。つきまして、介助者も含めて最大20名とさせて頂きます。)
参加費:2000円(交通費、昼食代などは個人でご負担をお願い致します。介助者の方の参加費は無料です。)
募集締め切り:1120
講師:尾崎大輔(http://www.daisukeozaki.com/)

追記:マスクはご持参下さい。カメラは各自ご持参下さい。お持ちでない方はニコンのカメラを10台まではお貸し出来ますので、その有無をお教え下さい。お申し込みの際、必ず介助者の方が同伴するかもお教え下さい。いらっしゃらない場合は可能な限りこちらで手配致します。健常者の方はよろしければ、視覚障害者の仮想体験をしてもらうので二人のペアで参加していただければ幸いです。一人の場合は当日、どなたかとペアになって頂きます。
申込先:080-6507-7746(尾崎携帯) もしくは info@daisukeozaki.com

第20回 視覚障害者と一緒に楽しむ写真教室のご案内_d0170694_14344472.jpg


# by daisukeozaki | 2021-10-13 14:34 | Comments(0)
皆さま

こんにちは。
マイナビウエディングさんが主となり、凹凸のウエディング写真のサービスをする事となりました。

視覚障害があるという理由で、結婚式の写真を撮ってなかった、今後結婚するけど、目が見えないので写真を撮る気もなかった、または家族に視覚障害のある方がいて、ウエディングドレス姿の凹凸写真をあげたいなどそういった方達の中から2組を撮影し、無料で凹凸写真もプレゼントします。対象の方は視覚に障害を抱えたカップル、視覚に障害を抱えた家族がいるカップルです。

条件としては、今回のサービスを開始するにあたってのモデル、モニターさんになっていただくので、マイナビさんのサイトまたはSNSなどに今回撮影した写真を使用させていただくということが条件になります。
また、既に撮影している写真を凹凸にするだけというのも今回の募集に関しては無しで、もし欲しいという方がいれば、今回改めて撮影させて頂き、私の方で有料になりますが、別途凹凸にするなどその辺りは臨機応変に対応させて頂きます。
撮影予定日が9月26日(日)、場所は東京近郊(雨天時はスタジオ)で行う予定です。
下記が詳細な内容になり、応募フォームのリンクもありますが、私の方でも代理で受付対応や質問への返答など受け付けております。

もし当事者やその関係者で欲しい、撮りたいという方がいれば是非ご応募ください。また日程が合わないや他の場所で撮れないかなどあれば、可能な限り対応できる範囲で臨機応変に行いたいので、写真教室のようにお気軽にtel: 080-6507-7746 もしくは e-mail: info@daisukeozaki.comまでご連絡ください。
またそういった方を知っている、もしくは興味がありそうというかたを知っていましたら、是非、私にご紹介いただければ幸いです。

ないとは思いますが、応募者が多数となった場合は抽選となります。

秋の写真教室ですが、開催の準備をしつつ、まだコロナの感染状況が落ち着かないので、様子を見つつ、開催が決定しましたら、ご連絡させて頂きます。11月の予定で準備をしています。

何卒、よろしくお願い致します。


マイナビさんの募集ページ



募集の詳細

【キャンペーン規約】
■概要・応募規約について
<応募期間/実施日程・場所>
応募期間:2021年9月7日(火)~9月19日(日)
撮影実施日:2021年9月26日(日)
撮影時間:12時~17時(準備から撮影終了後の帰宅準備までを含めます)
撮影場所:東京都内

<応募条件>
以下の条件にすべて同意いただける方のみご応募ください。

・顔出し可能な方(準備段階・撮影当日にメディアが入る可能性があるため)
・マイナビウエディングの広告・サイト・SNS等でご紹介してもよい方
・マイナビウエディングや、他メディアのインタビュー等にご協力いただける方
・撮影会場までの交通費等を自己負担いただける方
・当日の撮影内容について、マイナウエディングのプロデュースに沿っていただける方

<当選者発表>
・当選者の方へのみご連絡させていただきます。いただいたお電話番号またはEメールアドレスへご連絡いたします。
・当選者にご連絡後、1週間以内にお返事いただけなかった場合は、当選無効とさせていただきます。
・当選のご連絡後、写真使用同意書への同意、写真納品の目的でご住所を伺います。

<撮影プランに含まれるもの>
撮影会場費、タキシード・ウエディングドレス(当日セレクトいただきます)、アクセサリー、ブーケ&ブートニア、撮影当日新婦ヘアメイク&着付け×1セット、アテンド、スナップカメラマン(10カット前後のデータのみお渡し)、触れるお写真1カット(カラー)、プロデュース料

※撮影日当日は株式会社マイナビが指定する場所にてフォトエディングの撮影をいたします。
※撮影は、株式会社マイナビの業務委託先が行います。
※上記プランに含まれていないものについては、追加費用、またはご自身でご用意いただきます。

<注意事項>
・本企画は、株式会社マイナビ(以下「マイナビ」という)の主催となります。
・本企画のエントリーは一組1回までとなります。
・応募は日本国内在住の方に限ります。
・応募者多数の場合は、抽選とさせていただきます。
・本企画当選のご連絡後、1週間以内にお返事いただけなかった場合は、 当選無効とさせていただきます。
・ 本企画によりトラブル・損害等が発生した場合、マイナビは一切責任を負いません。
・ 本企画は天災地変、天候不順、感染症拡大防止等やむを得ない事由により、予告無く変更・中止をする場合がございますので、あらかじめご了承ください。
・本企画に関するデータ等(打ち合わせ・撮影の様子の撮影データ、応募に際してご記入いただく「フォト撮影への想い」、ご親族からお寄せいただくメッセージ等)の著作権はマイナビに帰属します。なお、マイナビは、当該データ等を、地域、期間、回数、利用態様(放送、インターネット配信、ビデオグラム化その他現存するもしくは将来開発されるあらゆる利用態様を含みます)に関係なく、自由に無償で自ら利用し、また第三者に利用させることができ、また、当該データ等を用いた番組等を保存することができるものとします。
・マイナビは、当該データ等を前項の利用に際して編集させていただく場合があります。

<禁止事項>
応募者が次に定める行為を行ったとマイナビが判断した場合、本企画への応募・当選を無効とさせていただきます。
・登録情報に不備(誤字、記載ミス、画像不鮮明、設問と異なる場合等)、または虚偽・改ざん・隠匿・その他不正が確認された場合。
・ マイナビまたは第三者の権利を侵害する行為、またはそれらのおそれのある行為。
・ マイナビまたは第三者を差別、批判、攻撃または誹謗中傷する行為。
・ 本企画の運営を妨げ、またはマイナビの信用を毀損するような行為。
・ 法令、または公序良俗に反する行為。
・ 当選された賞品を第三者に譲渡・転売・換金する行為。
・ その他、マイナビが不適当と判断する行為。

【凹凸写真撮影モニター募集における個人情報取り扱いについて】
株式会社 マイナビ(以下「弊社」といいます)は、ご提供いただいたお客さまの個人情報 の管理に細心の注意を払い、これを適正に取り扱います。

【個人情報の利用目的】
お申込時にいただく情報、お写真等の個人情報は、弊社 が運営する「マイナビウエディング」「マイナウエディングサロン」のサービス内で、以下の範囲で利用いたします。

  1. 弊社サイト上へのお写真・凸凹写真の掲載と撮影当日コメントの掲載
  2. プレスリリースでのお写真・凸凹写真の掲載と撮影当日のコメント掲載
  3. 弊社サイト上でのプランおよびオプション商材としての、サイト・接客資料としての紙媒体でのお写真掲載
  4. 弊社SNSへの掲載
  5. メディア取材対応

尾崎大輔
web http://www.daisukeozaki.com/
mail info@daisukeozaki.com
tel 080-6507-7746


# by daisukeozaki | 2021-09-09 09:29 | Comments(0)
こんばんは。

おかげさまで4月29日(木曜・祝日)に開催予定の視覚障害者と一緒に楽しむ写真教室ですが、視覚障害のある当事者の方から多数の参加連絡をいただいております。

一方で、視覚障害のある方の撮影介助者が不足しています。
お時間ある方、よろしければ、介助者としてボランティアのご協力をいただけないでしょうか??


内容は視覚障害のある方が写真撮影をするので、その介助などとなります。
視覚障害のある方の介助が初めての方もたくさんいますし、逆に視覚障害のある方の撮影を手伝うという経験をしている方はほとんどいないと思いますので、そういった意味では良い経験になるのではと考えています。

介助者なので、参加費など全く必要ないですが、逆にこちらから交通費も含め、何もお支払いできない状況で、心苦しいですが、そういった条件の中で、よろしければ、お手伝いいただける方がいればご連絡いただけると非常に助かります。


連絡先は
080-6507-7746(尾崎携帯) もしくは info@daisukeozaki.com


となります。

参加者ももう数名ですが、定員に空きがありますので、その辺りも含め、気軽にご連絡下さい。


下記が詳細となりますので、皆さま、よろしくお願い致します!!


視覚障害者と一緒に楽しむ写真教室を、可能な限り感染予防対策を行いながら、4月29日(木曜・祝日)に吉祥寺駅近郊で開催させていただくことになりました。
可能な限りの感染予防対策を行なっての開催になりますが、ご興味・ご関心のある方は是非ご参加下さい。またそういった方をご存知の方はご紹介いただければ幸いです。
また前回同様、いままで少し違う点ですが、凹凸の立体コピーは複数の人が触るということもあり、写真教室当日は作成せず、後日郵送させていただく予定です。また区の施設を借りるため、参加人数の制限、会議室内での飲食はできないため、各自昼食を取ってもらいます。
視覚障害者の方、また晴眼者の参加者は、自分の印象に残っている写真や思い出の写真、記憶に関して写真をあらかじめメールでお送りいただき、当日凹凸にして差し上げることも可能です。また当日はその写真をパソコンに写しつつ、お話をしていただきます。後日、了承を得た方に関してオンライン展覧会に使用させてもらう予定で考えています。その後、同じような形で撮影した写真の講評、説明などを行なってもらいます。
写真教室当日に撮影した写真は後日凹凸にして郵送させて頂きます。
社会的距離を保つことが推奨される現状ですが、それがそのまま視覚障害のある方にとっての孤独を生まないようにするためにも写真教室はこういった状況でも可能な限り続けていこうと思っています。
下記が詳細となりますので、何卒、よろしくお願い致します。
第19回 視覚障害者と一緒に楽しむ写真教室
御好評頂いている視覚障害者と一緒に楽しむ写真教室を4月29日(木曜・祝日)に開催致します。視覚障害者 の方だけではなく、様々な方に参加していただきたいので一般の方も参加頂ける写真教室となっています。
健常者の方はアイマスクを着用し、仮想視覚障害者を 体験してもらいながら写真撮影などを行ってもらう予定です。(アイマスクはこちらから洗濯したものをお貸し出し致しますが、抵抗のある方はアイマスクや手拭いなどをご持参下さい。)
また、視覚障害者の方で触ることの出来る凹凸の立体写真にしてほしいという写真がありましたら、あらかじめメールなどでお送りいただき、写真教室当日に凹凸の立体写真にお渡しすることもやらせて頂きます。(1枚目無料、2枚目以降追加料金500円)世の中を様々な視点で 見ることがどれだけ興味深いことか体験できる1日になることを期待しています。参加者には当日撮影した写真の数枚を凹凸の立体写真にして差し上げます。ご 興味などございましたら、お気軽にご連絡下さい。
日時:4月29日(木曜・祝日) 10:00〜16:00 (雨天決行)
集合場所::JR吉祥寺駅南口改札(公園口)前に9:45集合。井の頭公園にて撮影後、講評会。
参加定員:最大25名(介助者の方は参加費不要ですが、感染予防の観点から会議室に入れる人数が限られています。つきまして、介助者も含めて最大25名とさせて頂きます。)
参加費:2000円(交通費、昼食代などは個人でご負担をお願い致します。介助者の方の参加費は無料です。)
募集締め切り:4月25日
講師:尾崎大輔(http://www.daisukeozaki.com/)
追記:マスクはご持参下さい。カメラは各自ご持参下さい。お持ちでない方はニコンのカメラを10台まではお貸し出来ますので、その有無をお教え下さい。お申し込みの際、必ず介助者の方が同伴するかもお教え下さい。いらっしゃらない場合はこちらで手配致します。健常者の方はよろしければ、視覚障害者の仮想体験をしてもらうので二人のペアで参加していただければ幸いです。一人の場合は当日、どなたかとペアになって頂きます。
申込先:080-6507-7746(尾崎携帯) もしくは info@daisukeozaki.com

写真は募集に載せるにはあまり向いていない、西尾憲一さんが撮影した白黒の暗闇の中にぼやっと浮かんだ木々の写真です。
視覚障害のある方の写真撮影・介助者の募集_d0170694_18395288.jpg

# by daisukeozaki | 2021-04-04 18:40 | Comments(0)
皆さま


こんにちは。

視覚障害者と一緒に楽しむ写真教室を、可能な限り感染予防対策を行いながら、4月29日(木曜・祝日)に吉祥寺駅近郊で開催させていただくことになりました。

可能な限りの感染予防対策を行なっての開催になりますが、ご興味・ご関心のある方は是非ご参加下さい。またそういった方をご存知の方はご紹介いただければ幸いです。

また前回同様、いままで少し違う点ですが、凹凸の立体コピーは複数の人が触るということもあり、写真教室当日は作成せず、後日郵送させていただく予定です。また区の施設を借りるため、参加人数の制限、会議室内での飲食はできないため、各自昼食を取ってもらいます。

視覚障害者の方、また晴眼者の参加者は、自分の印象に残っている写真や思い出の写真、記憶に関して写真をあらかじめメールでお送りいただき、当日凹凸にして差し上げることも可能です。また当日はその写真をパソコンに写しつつ、お話をしていただきます。後日、了承を得た方に関してオンライン展覧会に使用させてもらう予定で考えています。その後、同じような形で撮影した写真の講評、説明などを行なってもらいます。

写真教室当日に撮影した写真は後日凹凸にして郵送させて頂きます。


社会的距離を保つことが推奨される現状ですが、それがそのまま視覚障害のある方にとっての孤独を生まないようにするためにも写真教室はこういった状況でも可能な限り続けていこうと思っています。


下記が詳細となりますので、何卒、よろしくお願い致します。


第19回 視覚障害者と一緒に楽しむ写真教室

御好評頂いている視覚障害者と一緒に楽しむ写真教室を4月29日(木曜・祝日)に開催致します。視覚障害者 の方だけではなく、様々な方に参加していただきたいので一般の方も参加頂ける写真教室となっています。

健常者の方はアイマスクを着用し、仮想視覚障害者を 体験してもらいながら写真撮影などを行ってもらう予定です。(アイマスクはこちらから洗濯したものをお貸し出し致しますが、抵抗のある方はアイマスクや手拭いなどをご持参下さい。)

また、視覚障害者の方で触ることの出来る凹凸の立体写真にしてほしいという写真がありましたら、あらかじめメールなどでお送りいただき、写真教室当日に凹凸の立体写真にお渡しすることもやらせて頂きます。(1枚目無料、2枚目以降追加料金500円)世の中を様々な視点で 見ることがどれだけ興味深いことか体験できる1日になることを期待しています。参加者には当日撮影した写真の数枚を凹凸の立体写真にして差し上げます。ご 興味などございましたら、お気軽にご連絡下さい。


日時:4月29日(木曜・祝日) 10:00〜16:00 (雨天決行)
集合場所::JR吉祥寺駅南口改札(公園口)前に9:45集合。井の頭公園にて撮影後、講評会。
参加定員:最大25名(介助者の方は参加費不要ですが、感染予防の観点から会議室に入れる人数が限られています。つきまして、介助者も含めて最大25名とさせて頂きます。)
参加費:2000円(交通費、昼食代などは個人でご負担をお願い致します。介助者の方の参加費は無料です。)
募集締め切り:4月25日
講師:尾崎大輔(http://www.daisukeozaki.com/)

追記:マスクはご持参下さい。カメラは各自ご持参下さい。お持ちでない方はニコンのカメラを10台まではお貸し出来ますので、その有無をお教え下さい。お申し込みの際、必ず介助者の方が同伴するかもお教え下さい。いらっしゃらない場合はこちらで手配致します。健常者の方はよろしければ、視覚障害者の仮想体験をしてもらうので二人のペアで参加していただければ幸いです。一人の場合は当日、どなたかとペアになって頂きます。
申込先:080-6507-7746(尾崎携帯) もしくは info@daisukeozaki.com

写真は写真教室の参加者が凹凸を触っている写真です。
第19回 視覚障害者と一緒に楽しむ写真教室のご案内_d0170694_16380503.jpg

# by daisukeozaki | 2021-03-08 16:38 | Comments(0)