写真家・尾崎大輔のblog


by daisukeozaki
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

「螺旋海岸」 志賀理江子

写真評論家の竹内万里子さんから尾崎さんにとって、いい社交の場となればとあるイベントを紹介され、参加した。
行ったのはいいのだが、結局、写真家の細江英公さん、伊奈英次さん、大西みつぐさん、後藤茂雄さん、飯沢耕太郎さん、町口覚さん、PGIの高橋さん、In-betweenとかの編集などをしているキュレターの菊田さん、ガーディアンガーデンの菅沼さん、写真協会の大平さんなど他にも偉いさんがたくさんいたと思うが、その前で自分の作品をプレゼンすることとなってしまった。写真集とか出しているので、ほとんどの人は写真自体を知っていてくれていたので楽は楽だったけど、公募展には一度も出品したことないので、これだけ一度に写真関係者にプレゼンするのは初めてだった。
写真をやっている人はこんな機会またとないと思うのか、あるいは結局ごちゃごちゃいわれるだけでしょと思うのかわからないけど、一応終わった。途中、写真集の「写真は私たちの記憶を記録できるのか?」で写真は記憶を記録できるかどうかということで、細江さんと飯沢さんが言いあいにもなっていておもしかったけど、思ったのは私自身がやはり自分の作品を言語化するのが下手糞すぎるということ。
今後色々とこういう機会も増えてくるので、最低限自分の写真を語れなくてはと思い、噂にもなっていたので、勉強のため志賀理江子の螺旋海岸を購入し、読了。

一般の方にとっての読み物としてはぼちぼちかなと思うけど、写真をやっている人にとってある箇所とかは必読とも思う。これだけ地域に根ざして、コミュニティに割って入っていくのを知り、写真からのイメージで志賀理江子氏という感じから、志賀ちゃんというイメージにこの本を読んで変わった。

全編を通して被写体との関わり合いに多くの部分を割いているのを見ると、やはり写真家なので同じだなぁとすごく感じた。ただ、私とは違って、彼女の中にある「イメージ」が強固であるため、被写体からもちろん影響は受けるがその「イメージ」自体が根本から変容しない。これが多くの今までの写真家と違う部分であろう。写真家は外部の「イメージ」に順応し、それをおのおのの見方から写真で切り取る。そのため、写真を視覚的に見た場合、外部の「イメージ」が写真上の「イメージ」として大半のウエイトをしめざるおえない。これが今までの古典的写真であり、私の写真もその典型である。
しかし、彼女の写真はそれとは違い、外部の「イメージ」を一度自分の「身体」取り込み、咀嚼し、再構築を行い、写真に定着させる。そのため、写真上での視覚的要素のウエイトの多くが彼女の「身体」から生じた「イメージ」におかれる。

今までも同じようにイメージを具現化する為に写真を用いる写真家は多くいたのであろうが、なぜ彼女の写真がクローズアップされるようになったかと思うと、この本の中で竹内さんも言っているように写真と距離の問題だと思う。
写真自体は必ず距離というものが存在し、それを顕著に表出してしまうものでもある。被写体と撮影者の間には必ずカメラが介在するわけである。
そして私も彼女も同じであるが、写真を撮るまでに被写体となるであろう人達との距離を時間をかけて詰めていく。いつも思うに、この距離を詰めていく作業は被写体との距離を縮めるだけでなく、撮影者の内部との距離をも縮めるのである。それによって、私の場合は世界の見方が変わるわけであるし、彼女はより自分の内側の「イメージ」をつかめることになるのであろう。
また、その距離を詰めるという作業に置いて、自分の内側を強烈に揺さぶる体験もするわけである。彼女の場合はそれが震災であったのであろう。写真家にとって大事なことは考えることではなく、考えさせられるものに出会うことであると思うが、それが震災という大きすぎる体験だったのであろう。写真家の齋藤陽道さんが彼女の写真を「震災のよって脱皮された写真」と言っていたこともうなづける。

この本で「身体」という言葉が何度も出てくるが、撮影者にとって、写真はどこまでこの身体にウエイトを置き、どこまで視覚に比重をおいているのか興味がある。なぜなら、視覚障害者の写真において、必ず一定段階で当たり前かもしれないが、写真に個性が出てくる。鷲田清一さんの好きなメルロ=ポンティではないが、写真も結局は視覚から生じたものではなく、身体から生じたものと感じることもおおいからである。
また、彼女が多用する「イメージ」という言葉。私はアールブリュット/アウトサイダーアートと関わることも多いので、そういう点からも彼女の写真に興味は持っている。
今までも写真療法やアールブリュットの写真をいう分野を色々と試みては観たが、ある一定のところまで「イメージ」として掘り下げれるが、それより深化させることはかなり難しい。例を挙げると写真療法として適用出来た症例などを見ると、神経症患者のみで、統合失調症など個人の実存の根源に関わっていくような病気などには適応出来ないという。やはり絵など無から有を生み出す芸術の方が内部の「イメージ」の具現化はしやすいのかもしれない。また、先日読んだピダハン族は写真を見せてもそこに何が写っているのか全く認識出来ない。訓練によって認識出来るようになるのだが、結局写真などは文化的に成熟した人間でないと認識することすら出来ないのである。

そのように考えた時、「身体」から「イメージ」を抽出し写真に定着させるという彼女の写真が今後どこまでいけるのか非常に興味をもつ。上記のようば例も結局写真自体が歴史の浅い文化であるため、今後どのようになっていくかはわからないし、今のところそうであるというだけであって、彼女のような写真家があたらしい境地を開拓してくれるかもしれないのである。
1枚の写真としての彼女の写真は今の段階はそれほど興味はないが、仙台のメディアテークのような曼荼羅みたいな展示が今後どのようになっていくかというのは興味がある。既存の写真集という体裁で彼女の写真を見てもそこまで関心をもつことはないかもしれない。

彼女の写真は視覚的に強い写真であるので、それに写し出された「イメージ」の説明としての彼女の言葉はいまいちだったけど、今後注目の写真家として一読の価値は無きにしも非ずです。

写真は紙の包装を破った後なので、実際店頭においてあるものは写真が印刷された放送にくるまっています。赤々舎のHPやアマゾンで確認して下さい。


d0170694_1924566.jpg

by daisukeozaki | 2013-01-31 19:24 | | Comments(0)